家族葬とお通夜について

ご葬儀のお通夜についてお伝えいたします。

かつては、ご葬儀と共に必ず行われていた「お通夜」ですが、今回はその意味や近年の状況などについて、また、弊社家族葬でのご対応についてもお伝えいたします。

お通夜には、故人が亡くなった直後家族のみで行う「仮通夜」、
弔問客も訪れる「通夜」(本通夜)があります。
本来、お通夜は亡くなった故人を偲び、残された遺族や友人の心の整理をつけるための
機会として、また、医療が未発達で死亡判定が難しかった時代には、
それを確定させるための猶予期間としての意味や成り立ちがあります。
前者の意味では、故人とお別れの儀式である葬儀前に行われてしかるべき行事ではあります。

 

また、仏式の葬儀儀式としては、本来必ず行わなければならないものでした。
寺院やお坊様の主義により、現在も必ず行わねばならいケースもあります。

しかしながらご葬儀の費用縮小化、家族葬化の流れがすすむなか、
「通夜」が省略されるケースが増えていきました。
弔問を求めない家族葬となればその傾向はなお強くなります。

そうした中でも、家族葬においてでもやはり「通夜」を行いたいというご要望も多々あり、
弊社はもちろんお応えできるオプションをご用意しております。

 

弊社「やすらぎプラン」をご利用の場合、ご葬儀前夜に「通夜」を行うことができます。
愛典福島屋のご葬儀は、病院より安心のご安置後、火葬場のスケジュールや喪主様のご意向で、
ご葬儀は翌日または数日後になるケースがほとんどです。
日程が決定し、弊社ご安置のまま前日夜に「通夜」を行う事ができます。
その際はお坊様をお呼びしての式典と「通夜振る舞い」の法要、またはそのどちらかのみを
行うこともできます。

また、家族葬自体は本来家族のみの参列となりますが、「通夜」では、万全の感染対策を行った上で家族以外の弔問を受けることも可能です。(施設の許容人数などもございますので人数に限りはございます)

 

時代や世相により、ご葬儀への考え方、スタイルも変化していきます。
しかしながら、残された遺族知人故人を弔い成仏を祈るといった意味や心のありようは大きく変わってはいません。ご要望に応じたスタイルの中で、そうした意味やお気持ちをいかに葬儀に反映させるかを、愛典福島屋は考えご提案いたします。
細かなご要望でもぜひご相談ください。事前相談を随時承っております。