落ち着いたお部屋のような場所での「リビング葬」が可能です

 
  
 

 

ご葬儀は、故人様のためのものであると同時に、参列されるご家族のためのものでもあります。
故人様の思い出や、久しぶりに会う方同士の近況、今後の話など、ご葬儀や法事の時に話したいことはたくさんあります。
そのための環境として、ご葬儀や法事の会場選びはとても重要です。

 

専門の葬儀場や隣接の法事会場では、独特の雰囲気や広すぎるなどの理由で終始緊張してしまい、ご家族、参列者同士の会話も少なくなりがちです。
小規模な家族葬が主流の今だからこそできる、より会話が弾み思い出深いご葬儀を、愛典福島屋は十数年前よりご提案しており、そのための施設やホスピタリティを充実させてまいりました。

 

近年の「リビング葬」という、より居室やお部屋のような場所でのご葬儀を行うという形式は、弊社が長年ご提案してきた新しい家族葬のあり方を示した、新たなネーミングともいえます。
愛典福島屋の「安置ルームやすらぎ」は、「お部屋のようなあたたかな葬儀会場」をコンセプトにつくられ、以来多くの方にご利用頂きご高評頂いております。

 

プライバシーの保たれた適度な広さの空間で、装飾や進行も喪主様のご希望により自由に変更可能です。
ご遺体の搬入搬出やご安置などの、葬儀場としての必要性を保ちながら、より暖かで自由な「リビング葬」を行うことができます。
亡くなられた病院からそのまま搬入ご安置が可能で、葬儀当日までの期間に、暖かな雰囲気の中ご面会も可能です。

また2Fのラウンジ「おもいで」は葬儀の待合や初七日の会食を行えます。
こちらもプライバシーの保たれた落ち着いた空間で、ご葬儀以外のお時間をお過ごし頂けます。
故人様の思い出の品や動画や映像を見ることも可能で、故人様を偲び会話も弾みやすく、思い出深い家族葬を行えます。

 

事前相談、内覧も随時受付中です。
ご利用いただいた多くの皆様よりお褒め頂いている会場とホスピタリティをぜひお確かめください。